ガイラルディア・・天人菊(テンニンギク) - すたこらの雁書

ガイラルディアの名は、フランスのガイヤール・ド・シャラントノートの人物に由来。

和名の天人菊(テンニンギク)は、花の美しい姿が天人を思わせることに由来。

キク科、原産地は南北アメリカ、草丈は30〜40センチ、

開花期は7〜10月、花は筒状になった花弁の先端が割れている変わり咲きの矢車天人菊です。

花色はオレンジ・黄・茶・複色などがあります。