週末はもなかさんのパラボラアンテナ化とバルキリー腕作り ( 模型・プラモデル )

週末はもなかの左後足に噛み痕を見つけたので医者に連れて行きまして

とりあえず、傷口に触れたりしないようエリザベスカラーを巻いて貰いました。

思ったよりも抵抗せず、また上手く折り合いをつけながら生活しています。

さすがだぜ、もなかさん。

さて、プラモですが。

バルキリーのポーズをつけるために、深く曲がる腕を作ってました。

残っていたスーパーガウォークの前腕内側を切り欠いて、バトロイドの

二の腕パーツをはめ、回転軸部分で切断。

プラサポを内蔵して軸を作ります。ガウォークの肩に差し込めばおしまい。

従来のものと差し替えできます。

曲げ深度の分だけ、伸ばすと長いのですが、曲げてる分には気になりません。

右腕は製作完了。左腕は黒ラインの準備中です。

ちなみに左腕は当初のまま組み合わせてみました。手首はガンプラ用の

連邦手首小サイズ。

トリガーぽいモールドを削り落とすだけで、ガンポッドがきちんと握れます。

お陰様で素立ちではなく、バトロイドっぽいポーズが取れるようになりました。

いよいよあと少しです。 半分飽きてますが何とか最後まで…と思います。