ユジンへ (序章) - KNKの非日常的日常

This is the first time in my life, I am really scared to express my feelings and mind in Japanese.

For more 20 years, I never write down long sentences as follow in English.

Writing English takes more times than Japanese, it gives me the interval for selecting words, vocabulary and sometimes using dictionary.

As a result, my emotion is calmed down.

Youjin,

If you cannot go on performing what is your conclusion, I know that you cannot continue any more.

Although I cannot stand accepting such your decision I must understand.

I can only pretend to agree your decision,

If I suggest you to continue to perform and stay in K-POP world, that is just my own thoughts and ego.

You gave up, so you cannot move and do not have any energy of performance any more.

Since I came to know you and KNK, the world had been opened delightfully in front of me.

何じゃ、これ!って感じですが、自分にとってもそうです。

ユジンの脱退=芸能界引退を、受け入れなきゃいけない、こうして最後の挨拶をきちんとしてくれたのだから…と思うのですが、どうしても納得できない。

事実として受け取ることはできても、うまく心の中に定着してくれない。

なんだか自分が妙に冷めていて、涙さえ出なかった。

どうしてあきらめるの? やめてしまうの? 望んだことではなかったの? もったいないよ 後悔しない? そんなに苦しかったの? つらかったの?・・・・・

2日ぐらい、そんな思いが頭の中も、心の中もぐるぐるしていて、「KNKのユジンはもういない」ということが、うまく自分に入力できない。

自分の思いを日本語の文章にするのが怖くて、気恥ずかしくて、英語にすれば、どうしても論理的に考えなければいけない時間が増えるので、納得できるかと思い、英語で書き始めたのですが、やはりもどかしくてうまくいかない。

若いころの自分を思い出して、昨日の夜、ようやく泣けました。

ああ、そうか… そうだったんだよね…

なんだか、引っ張りますけど、急いでしまうと想いがこぼれてしまいそうなので、続きは、また…