久しぶりのヒメマツバメの観察 ( 日々の出来事 )

ヒメアマツバメの3番子がもうだいぶ大きくなっているだろうと、少し時間をかけて観察した。双眼鏡で見てBの雛が顔を見せたのでカメラを構えたら、すでに引っ込んでいて撮れず。しかし、糞の排出時の風きり羽や尾羽の様子から、だいぶ大きくなっているようだ。また、3時間以上見ていても一度も巣への出入りがなかった巣もあり、すべてが3番子を営巣してはいないようだ。