シクラメンと鳩おじさん

小さいシクラメンのポットを数個 購入して植木鉢に寄せ植えしました。

やや手前上方から写真です。お正月頃には立派な鉢になってくれるかな。楽しみです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

喜多院の境内で、あの鳩おじさんが餌を与えていました。

今日は思い切って鳩おじさんに、声をかけてみました。

いつも鳩を可愛がっているんですね。とことで餌は何を上げているんですか?

鳩おじさん

パンくず🍞🥐を上げてるよ。この頃じゃ、パンくずが飽きたみたいで煎餅🍘をやってるんだ。煎餅を上げてみるかい。

ありがとうございます

お礼を言って鳩に煎餅を上げてみました。確かにパンくずより煎餅の方を良く食べました。

煎餅を一口、食べてみると香ばしく美味しいので小袋をみると新潟産の◯✖煎餅と書いてありました。

?油味の濃い目の煎餅で、歯ざわりも申し分ない上物でした。

なんで高級な煎餅を上げるのかと聞くと。「鳩も美味しいものを知っているんだ。煎餅は何種類か上げているが、だんだんと高級品になちゃったんだ。あっはっはっはっ😄😄😄」ですって。

また鳩にはそれぞれ名前をつけていて、一番好きな鳩は裕次郎と言う名前だそうです。鳩おじさんの手の上に止まっている鳩です。

このおじさんは偏屈な変わり者の爺さんと思いや、話し方や雑談から察するところ、いたって真面目で愛情深い人と思いました。聞けば、商社に勤務して3年前に退職なさったと言う。

人は見かけで判断してはいけないと再認識させられました。

自転車の籠には新聞紙と文庫本が入っていました。

根掘り葉掘り聞く私は、何でえげつないんだと深く反省しました。でも鳩おじさんは私の質問に笑顔で穏やかに答えてくれました。素敵な鳩おじさんでした。

                      See you