高校ライトノベル・妹が憎たらしいのには訳がある・45『栄光へのダッシュ・1』 - 大橋むつおのブログ

妹が憎たらしいのには訳がある・45『栄光へのダッシュ・1』    

 優奈は懸命に練習した。 桃畑中佐に見せてもらった初代オモクロの桃畑律子の想いが分かったからだ。そして、自分たちが生まれる前に、自分たちと同じ年頃の少女たちが人に知られることもなく、対馬の山中で戦い、死んでいった。そして、それは軍や政府の一部の人間しか知らず、なんの評価も、存在さえ認知されていないことを。優奈は、それを知ってしまった。あの少女部隊のことは公表することはできないが、その想いは伝えたいと思った。「だめ、優奈。声で歌うんじゃない、体で歌うんだ。体が弾けて、その結果想いが歌になるんだ!」 加藤先輩の指摘は厳しかった。そして、加藤先輩自身も壁にぶつかってしまった。「これじゃ、ガールスカウトだ。もっとビビットにならなきゃ!」 「謙三、祐介、左翼から陽動。太一はここを動かないで。真希、優奈は、わたしに続いて!」 しかし、その動きは読まれていた。敵は謙三たちの陽動にひっかかったフリをして、圧力かけてきた。

「ハハ、大丈夫、陽動のまんま敵のど真ん中に突っ込めますよ!」「余計なことはするな、おまえたちはあくまで陽動なんだ。太一、ブラフで指揮をとって!」「了解」 加藤先輩は、上手くいきすぎているような気がした。でも、それは、すでに真希と優奈に突撃を指示した後だった。「あ!」と思った時には、真希と優奈がパルス機関砲にロックされていることが分かった。 閃光が走り、真希と、優奈は、粉みじんの肉片になって飛び散ってしまった。二人の血を全身に浴びた加藤先輩は、それでも冷静だった。「総員合流、撤収す」 先輩の意識は、そこまでだった。 敵は劣化パルス弾を撃ってきた。瞬間の判断で、先輩は身をかわしたが、パルス弾は至近距離で炸裂した。 炸裂の勢いがハンパではないために、先輩はグニャリと曲がったかと思うと、衝撃を受けた反対側の体が裂けて、体液や内臓が吹き出していった。ボクたちの分隊は壊滅してしまった。「これが、対馬の前哨戦だよ」 桃畑中佐の声がした。

 訓練用の筐体から出てくるのには、みんな時間がかかった。あらかじめ衝撃緩和剤を服用していたが、それでも、今の戦闘のショックはハンパではなかった。「緩和剤無しでは、発狂してしまうこともある」「これ、実戦記録がもとになってるんですよね」「そうだよ、この分隊は運良く生き残った。分隊員一人だけだけどね。その記録を元に作った訓練用シュミレーションだよようし、全員心身共に影響なし」 アナライザーの記録を見ながら、桃畑中佐が笑顔で告げた。「この戦闘で、彼女たちは今のように?」「あの程度のブラフは簡単に読める。この戦闘では死傷者はいない。分隊がたった一人になったのは次の戦闘だ。ただ民間人の君たちにシュミレートしてもらえるのは、ここまでだ。むろん現役の部隊には最後までやらせている。失敗するものはいない。だから先日の防衛省への攻撃を陽動とした敵の侵攻は100%防ぐことができた」 俺は、それを防いだのは、ねねちゃんにインスト−ルされた里中マキ中尉のおかげだと知っていたが、話さなかった。ねねちゃんも、お母さんのマキ中尉もそれを臨んでいないことを知っていたから。 国防省で、シュミレートの体験をしてから、ボ\xA5

唎燭舛亙僂錣辰拭▷.廛蹐侶蛙佑ǂ藐ǂ譴侏靴咾里茲Δ覆發里ǂ發靴譴覆い❶K萋詇隠娃娃哀瓠璽肇襪料肝麓請槪函▲丱圳召領鍥❹鮖呂瓩拭8槎笋粒Ŕ樟萓犬❶△燭┐彩僐錣筺⊃看鐃瑤魴彗❹靴討い襦◁隠娃娃哀瓠璽肇襪料肝麓請槪箸いΔ里蓮ヿ塗霪擦慮世な鈇任六牋茲貌類襪箸いΔ海箸剖瓩ぁ◉爐鵑斉禘里鮴鎖昔呂任發燭察△修稜塾呂鮑蚤膰造飽絜Ⅸ个后↗椒唎燭舛蓮△修譴埜続Δ領呂鮟个修Δ箸靴拭↗丱圳召蓮〻寡歐瓦旅酩類任△襦C惨譩屬如∪佪未鮟个垢里砲蓮"貳崋蠅端茲蠢瓩ぁ▷,修譴鬚澆辰舛螳貉驒屬笋辰燭△函△笋辰髪藾佞領鍥❶⦿能蕕了案譩屬曚匹蓮∩肝麓請槪肇丱圳召領鍥❹任悗欧悗欧砲覆蝓△箸討皹藾佞匹海蹐任呂覆ǂ辰燭❶∋容軺椶砲亙僂錣辰拭\xAA

《出撃 レイブン少女隊!》  GO A HED! GO A HED! For The People! For The World! みんなのために 放課後、校舎の陰 スマホの#ボタン押したらレイブンさ 世界が見放してしまった 平和と愛とを守るため わたし達はレイブンリクルート エンプロイヤー それは世界の平和願う君たちさ 一人一人の愛の力 夢見る力 手にする武器は 愛する心 籠める弾丸 それは愛と正義と 胸にあふれる勇気と 頬を濡らす涙と汗さ! 邪悪なデーモン倒すため 巨悪のサタンを倒すため わたし達 ここに立ち上がる その名は終末傭兵 レイブン少女隊 GO A HED! GO A HED! For The People! For The World! For The Love! ああ ああ レイブン レイブン レイブン 傭兵少女隊ただ今参上!

 あきらかに歌にも演奏にも厚みと奥行きがでた。ボクはいけると思った。「あかん、真剣すぎる。この厚みと奥行きを持ったまま、楽しいやらなあかん。うちらのは音楽で、演説やないねんさかい」 ボクたちは、加藤先輩の意見に、進んで手をあげることができた。